在宅医療 スタッフ

患者さんご家族や医療、介護関係者の方々へ

分梅クリニックでは介護保険主治医意見書の記載
介護保険による居宅療養管理指導も実施しています。

ケアマネジャーと緊密に連携しています

ケママネジャーや障害支援専門員などと緊密に連携をとり、在宅医療を実施。
治療面とあわせて、生活面での課題へのアプローチをおこなっています。

ご不明な点など、お気軽にご相談ください

ご不明な点も多いと思いますので、
専任の相談員(医療ソーシャルワーカー)がご不明な点を説明いたしますので、
お気軽にご相談ください。

分梅クリニックは在宅療養支援診療所(支援診3)として、24時間体制で在宅医療、訪問診療を実施しております。
地域に根差したかかりつけ医が在宅医療、訪問診療を実施しておりますのでお気軽にご相談下さい。

また、当院は介護保険主治医意見書の記載や、介護保険による居宅療養管理指導もおこなっております。ケアマネジャーと緊密な連携のもとに在宅医療を提供しております。

脳神経外科、神経内科を標榜している当院では、在宅医療は脳神経外科医が主に行っていますので、特に脳梗塞などの脳血管疾患や認知症などの患者様を多く診療しております。
認知症状があり受診拒否をなさっているような患者さんや、家族への暴言などが酷く、ご家族も含め悩んでいらっしゃる方など、お気軽にご相談下さい。

医療相談

在宅医療に特化した相談員の配置

医療ソーシャルワーカー

在宅医療をご相談を引き受ける際、専門の医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)を配置してご相談に応じています。

医療ソーシャルワーカーは、病院やクリニックなど保健医療機関等にて次のような業務を行う専門職を指します。
また社会福祉士は国家資格(名称独占)であり、相談支援の専門職ですので、安心してご相談が可能です。

  1. 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
  2. 退院援助
  3. 社会復帰援助
  4. 受診・受療援助
  5. 経済的問題の解決、調整援助
  6. 地域活動

    患者様やご家族、そしてその他の他職種関係者との調整役も担いますので、お気軽にご相談下さい。

分梅クリニック 在宅医療ご相談窓口

分梅クリニック医療ソーシャルワーカー井上敬介

井上 敬介 医療ソーシャルワーカー 社会福祉士

keisuke inoue

八王子市内の有床診療所にて事務長を長く務めた後、府中市内の在宅療養支援診療所にて在宅医療専門の相談員として勤務。
47歳にして社会福祉士を取得、その後も在宅医療に特化した医療ソーシャルワーカーとして活動。

[ 所属団体 ]
・日本医療ソーシャルワーカー協会会員
・東京都医療ソーシャルワーカー協会会員

  1. 患者さんご家族や医療、介護関係者の方々へ

お気軽にご相談ください

  • 退院が決まったが、かかりつけ医が在宅医療不可のため
  • 認知症の進行により、通院が困難になってきた
  • 施設の契約医療機関との契約が終了してしまった

その他、なんでもお気軽にご相談ください!

042-352-8671

電話受付/9:00-17:00(休診日/土日祝日)

お知らせ
マル親の受給者証が更新となります|ひとり親家庭等医療費助成制度
お知らせ
メディカルトリビューンに種村院長が紹介されました!
お知らせ
マスク対策の変更に伴う対応について
お知らせ
高校生等医療費助成事業(マル青あお)が令和5年4月より始まります!
お知らせ
訪問診療って、どんな方が利用していますか?
お知らせ
分梅クリニックはクラウド型電子カルテを導入しています

お問い合わせ

在宅医療に関するご質問などお気軽にお問い合わせください