ご自宅などへ往診、訪問診療を実施するため、カルテもご自宅へ持っていかねばなりません。
最近では紙カルテから電子カルテに移行する医療機関が多いですが、クラウド型電子カルテを導入している医療機関はまだまだかもしれません。

クラウド型電子カルテの特徴として、運用するサーバーが医療機関内になく、各業者のデータセンター等に置かれています。それぞれの場所、端末よりアクセスするため緊急時の臨時往診などに最適といえます。

在宅療養支援診療所である分梅クリニックは、クラウド型電子カルテを導入し、それらの課題に対応しております。
また今後は、多職種間で利用可能はコミュニケーションツール(アプリ等)の導入を検討しております。これらにより、ご自宅での療養生活を安定的なものに出来るよう取り組む所存であります。

cloudcard